« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月28日 (木)

CTCビッグデータセミナー2013

3月4日と11日に、当社の出身母体である伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が主催する「ビッグデータセミナー2013」で、「マーケティング分野での新たなテキストマイニング活用法」というテーマで発表させていただきました。

〇 CTCビッグデータセミナー2013  http://spider.ctc-g.co.jp/web/fm/mkt/2012175g

こちらはCTCさんのビッグデータビジネスへの取組みと、データマイニングに取組んでいる企業と当社からの説明での構成でした。

当社には新しいテキストマイニング技術である「テキストボイス(Text-Voice)」の説明をして欲しいというリクエストでしたので、自主調査で集めた「牛乳が飲みたくなるメニューは?」という約7,000件のテキストデータを、従来のテキストマイニングツールと、「テキストボイス(Text-Voice)」の両方で分析した比較事例を紹介いたしました。

分析のアウトプットは明らかに「テキストボイス(Text-Voice)」の方が深く、お客様の思考や、要望、利用シーン等が構造的に解釈しやすいことがお示しできたのではないかと思います。

コールセンターに集まったお客様のご意見や、ソーシャルメディアに発信された発言といった、大量のテキストデータを分析するところで「テキストボイス(Text-Voice)」の新しい技術が役立てば嬉しいですね。

また、「アンケートデータベース(MyEL)」に蓄積されている、1万件×約1,700テーマの大規模な調査データを、モニターIDで組合わせて分析することで、新しい気付きや発見があることを、「缶コーヒーの飲用調査」×「喫煙調査」と、「料理調査」×「幸せ感調査」の2つの事例で紹介させていただきました。

最近始めたサービスですが結構面白い結果が得られることが分かってきたので、これから力を入れてみようと思います。「アンケート・データマイニングサービス」って面白いと思いませんか。

ビッグデータのセミナーで何を話せば良いか分かりませんでしたが、事後の調査で高いご評価をいただくことができました。

当日のプレゼンに使った資料をお届けしますので、興味があれば見て下さい。

説明なしだと分かりにくい資料だとは思いますが、皆様にとっても何らかの参考になれば幸いです。

▼ CTCビッグデータセミナーのプレゼン資料
 http://www.myvoice.co.jp/news/pdf/bigdata2013.pdf

 http://www.myvoice.co.jp/

プロフィール

フォトアルバム

Takai kazuhisa

伊藤忠系シンクタンクの社内ベンチャーで、1999年にネットリサーチ会社のマイボイスコムを立ち上げて社長をやっています。会社を作ることより続けること、良い会社を目指して経営することの難しさ日々感じながら奮闘している毎日です。夜は神田や神保町あたりの居酒屋に出没し、休日は自然散策やアウトドアを楽しんでいます!